海外 引越し

海外転居のポイント(引越し)

海外への引越し

海外への引越しは必要最小限のものだけ持っていくようにします。国内と違ってすごく輸送費がかかるので、たくさん荷物を持っていくことができないんですね。

また安い輸送方法は船便になりますが、アメリカなどは1ヶ月かかるのはしょっちゅうで、荷物が無事到着するかも保証されません。現地で入手できるものはなるべく現地で揃えるようにしたいところです。

特に家具や家電製品は日本と海外ではサイズや規格が違うので使えないことも多いですから、現地でレンタルするか買うかしたほうが結果的にいいですよ。

引越しの準備では
・持っていくもの
・置いていくもの
・処分するもの
を分類してパパっと張り紙を貼っていくと片付けやすくなります。

日本でよく使うような小物、例えば、爪切り、体温計、カイロ、洗濯ネット、薬などは持っていった方が便利ですね。

日本において行って帰国後に再度使うものはトランクルームを利用と便利で、使っている人が多いです。

処分するものは少しでもお金になればいいものはBOOKOFFのような古本屋さんやリサイクルショップへ売れば不用品を換金することができます。ゴミに出せるものはゴミに出し、めんどくさい場合は不要品回収業者へお願いするのも時間短縮になります。

ネット経由でなんでも売れる リサイクルショップのネットオフなら自宅にいながら不要なものを出張買取に来てくれます。ブックオフグループなので安心です。


手続き関連

海外への転居には国内転居の転出届にあたる国外転出届を提出する必要があります。

持ち家がある場合は固定資産税の手続きが必要です。住宅を賃貸する場合は住宅関連の手続きも必要になります。これは住宅会社・不動産業者へ連絡しましょう。

運転免許証は国際運転免許証の申請が必要です。

郵便物は転送するように申請しましょう。


現地の情報収集

海外への転居は国内と違って文化も言葉も違いなかなか想像つかないですよね。

まずは現地情報をしっかり収集することが大切です。

大使館や観光局へ問い合わせをしたり、ガイドブックやインターネットでも情報収集ができます。

特にインターネットでは現地の生活をブログで綴っている人も多いためすごく参考になります。ブログにコメントなどしてアドバイスをもらったりするのもすごく有効ですね。

転居ガイド
トップページ

転居の手続き
転居前の手続き
転居後の手続き

家探を探す
家探しのポイント1
家探しのポイント2
物件の下見のコツ
自宅の手続き

自宅を賃貸する
自宅を賃貸する手順
自宅を賃貸する場合の注意1
自宅を賃貸する場合の注意2

海外へ転居する
海外転居のポイント(自宅・車)
海外転居のポイント(引越し)
海外転居のポイント(必要な物)

転勤に伴う転居
転勤族の引越し
転勤の費用は自己負担?

知っておきたい
引越しのポイント

引越しすると出ちゃうゴミ
引越しの挨拶

各種転居手続き
引越し手順(格安で引越し)
インターネットプロバイダ
運営者情報